生命保険の保障

生命保険というと死亡保障にばかり目が行きがちです。特に世帯主の生命保険というのは残された家族が生活していくための生活費を受け取らなければならないためにたくさんの保険金を受け取れるようにしようと思うものです。

しかし、保険金以外にも遺族年金が受け取れたり会社から死亡退職金が受け取れたり、持ち家で住宅ローンの支払いをしていれば団体信用生命保険で住宅ローンの支払いは免除されます。
このように受け取ることのできるお金とさらには貯金もありますから、それを加味すると必要保障額というのは思っているよりも少なくて良いことが多くあります。

実は、保険の見直しとして最も考えるべきは医療保険の特約の内容であることが多いのです。最近は保険会社が他社との差別化を図るために様々な特約を打ち出しています。そのため、どれも魅力的に思えますしつけておけば損はないように思います。

しかし、実際には何でも付ければ良いというわけではないので、やはり取捨選択が必要です。どれを付ければ良いかわからなくなった時にはコストパフォーマンスと必要になる可能性を考えてつけましょう。
ガン家系であればガンの特約がある方が安心できますし、貯蓄でカバーできるものは貯蓄で補い、貯蓄ではどうにもならないものは保険でカバーするようにしておけば保険料とその保障内容とが最大のコストパフォーマンスとなることが多く理想的な形であると言えます。

Published by 運営者