生命保険の注意点

万が一の時のための備えは多ければ多いほど安心できるものです。怪我や事故、入院、世帯主が死亡したような際の保障や保険金というのは少しでも手厚いものであることが望ましいと誰もが思います。
しかし、手厚い保障を受けるためには月々の保険料が増えることになります。保険の中には掛け捨てのものもありますし、貯蓄型のものもあります。

貯蓄型のものであれば支払った保険料の一部が戻ってきますが掛け捨てのものであれば保険を使わなければ支払ったものは戻ってきません。保険を使わなくて済むことは健康に過ごせたということで嬉しい反面、たくさん支払った保険料が役に立つ場面がなかったとも言えます。そこで、掛け捨てのものは保障のつけすぎに気をつける必要があります。

特に、保険料があまりにも高くなってしまうと月々の支払いが苦しくなってしまうことがあります。支払いができなくなってしまうと最悪の場合には解約をしなければならなくなります。
解約をすると受けられるはずだった保障も受けられないですし貯蓄型の場合には最終的に受け取れるはずであったお金も受け取れません。そこで、保障の内容だけでなく月々の支払い金額についても見直しをして保障と保険料とのバランスが良いものを探すことが大切です。

Published by